TOP > 銀行口座を作ろう

銀行口座を作ろう

現地で銀行口座を作るメリット・・それはズバリ、リスクを減らす事です。
さすがに一年間の生活費を、持ち歩きたくありません。
たとえシェアハウスでも、大金を置いておくのはとても不安です。
銀行カードを作れば、必要な時に、必要な分だけ引き出す事ができるのです。
日本からお金を電子送金してもらうときにも必要になります。

また仕事をした場合、会社によっては、銀行振り込みにて給料支払いするところがあります。
私もワーホリ中は少し仕事をしたのですが、就職したとこすべて銀行振り込みでした。^^


さて、銀行口座の作り方ですが、いたって簡単です。

オーストラリア到着後6週間以内の申請であれば、パスポートを証明として持っていくだけで大丈夫です。
「I want to open a bank account.」っていうだけです。(笑)
あとは、申込書をもらえますので、記入して提出すればOKです。
もし、Saving Account (普通預金)か Cheque Account(当座預金)どちらにすると聞かれたら、通常はSaving Account (普通預金)です。

利用明細を送る為の、オーストラリアの住所も聞かれるのですが、私は当時バックパッカーズ(安宿)生活でした。
それでも「正式に家が決まったら教えてね。」という事で、発行してもらえました。^^
渡航したばかりの、英語がままならない私に対しても、とても親切でした。

あと暗証番号を登録する機械を出されますので、自分の暗証番号にしたい数を押すだけです。
この番号は忘れないで下さいね。
お金を引き出す際、続けて暗証番号を間違えるとカードが機械にのみこまれて出てこなくなります。


ここでオーストラリアで有名な銀行を挙げていきます。

■Commonwealth Bank(コモンウェルズ銀行)
http://www.commbank.com.au/default.asp(英語)

■Australia and New Zealand Bank(オーストラリア・ニュージーランド銀行)
http://www.anz.com/(英語)

■National Australia Bank(ナショナル・オーストラリア銀行)
http://www.national.com.au/(英語)

■Westpac Bank(ウェエストパック銀行)
http://www.westpac.com.au/internet/publish.nsf/Content/PB+HomePage(英語)



車購入する方はチェック・・・「車購入、手続き」