TOP > 安く行こう!航空券!!

安く行こう!航空券!!

ぶっちゃけた話、「ビザ」「パスポート」、あとこの「航空券」さえあれば、ワーホリには行けるのです!!
しかも、必要経費の中では、この「航空券」が一番高い!!
ということは・・・この「航空券」が安ければ安いほど、ワーホリに安く行けるということ。

航空券には「正規の航空券」と、「格安航空券」の二種類あります。
ぼったくり業者ではわざとこの高い正規の航空券を使うところもあります。
やはり航空券も自分で用意しましょう。

「正規の航空券」と、これから紹介する「格安航空券」では値段に天と地との差があります。
値段が2倍、3倍変わってくる事なんでザラです。

では、何が違うの??
それは、格安航空券には時間、キャンセル料金、マイレージなどの制限が付いてきます。
その制限を考えても、ワーホリメーカーにとっては「安い」格安航空券の方が有益でしょう。


そしてこの格安航空券にも種類があります。
それはFIXとかOPENとか呼ばれるものです。

FIX  ・・・搭乗日、搭乗便、経路を予約時にすべて決定され、日付、経路、航空会社の変更ができない。OPENと比べて値段は安い。

OPEN・・・出発日(便)、搭乗区間のみ決まっていて、帰国日(便)の予約を入れなくても発券出来る。FIXと比べて値段は割高。

結論から言いますと、片道だけだったらFIX、往復だったらOPEN。です。
1年間FIXという航空券は存在しない為、1年間滞在するワーホリメーカーは使うことができません。
OPENなら、1年間OPENという航空券がありますので、ワーホリメーカーも活用する事ができます。

ここで注意。(´・ω・`)ノ

もし、ずうーっと同じ場所に滞在するのでしたら、OPENチケットでも大丈夫ですが、「旅」を考えてる方は片道FIXをお勧めします。
なぜならOPENは同じ空港からしか戻れないのです。
東海岸のシドニーから西海岸のパースまで旅をして、また帰国の為にシドニーに戻らなくてはいけないのは、大変ですよね?

ちなみに私の場合は、帰りに東南アジアの旅を予定していたので、片道FIXで入国し、帰りは現地の旅行会社でアジア行きの航空券を購入しました。
オーストラリアで買う航空券は意外と安いですよ。

裏技として、片道FIXチケットより往復FIXチケットの方が安い場合、往復の帰りの分を捨てるという方法もあります。

あと、航空券を買うコツをもう一つ。
飛行機の便には「直行便」と「経由便」があります。

■直行便・・・直接日本からオーストラリアに飛んでいく便になります。
JAL、カンタス、オーストラリアン・エアー

■経由便・・・一度どこかの国に立ち寄って、飛行機を乗り換えてオーストラリアに向かう便になります。
大韓航空、シンガポール航空、ガルーダなど

では率直に、どちらがお得なのか!?
あなたが旅好きならずばり!「経由便」の方がお得です。

理由を挙げていきましょう。

1.航空券の値段自体が安い。 ←お得です。
2.ストップオーバーすれば、その国を観光できる。 ←私はシンガポールを観光しました。
3.機内食を更に食べれる。 ←一流ホテルのシェフが作っていることあり。

ただ旅行なれしていないと、経由便は大変かもしれないですね。
直行便の方はダイレクトで現地に向かえる分疲れは少ないし安心です。

直行便でも移動に大変な航空券はあります。例えば・・・

地方の空港 → 成田空港 → シドニー空港 → パース空港

こんな具合です。
日本、オーストラリア以外の国には立ち寄ってないので、これでも「直行便」なんです。
一度、航空券購入時確認してみて下さい。

これらの格安航空券の値段は下記で調べることができます。
一度値段を比較してみて下さい。

海外格安航空券の最安値比較はココ

最近ではジェットスターが安くて人気があります。
機内食がない、サービスが悪いなどいろいろ不便な面もありますが、値段は明らかに安いです。
東京、大阪からオーストラリア各都市を結んでいます。
ジェットスターホームページはこちら
http://www.jetstar.com/jp/ja/index.aspx

あと、これを機にマイレージを貯めておくとお得ですよ!
マイレージに関してはマイレージの達人に情報があります。



保険は大丈夫?・・・後悔先に立たず「旅行保険」