TOP > 現地の空港到着!することは?

現地の空港到着!することは?

ここまで来れば海外生活はすぐそこ。
正式に言いますと、「税関」を抜けてからが、その「国」になります。
まず、外にでるにはいろいろとチェックがあります。
その手順の説明をしていきます。

  1. 機内で入国カードが配られるので、それに記載します 。
    aswhoさんのページを参考にしてみて下さい。
    食品を持っている方は必ず「はい」にチェックして下さいね。
    ウソの申告をすると罰せられてしまう可能性がありますので。



  2. 空港に到着したら、Arrival(到着)の表示の方に歩いていきます。
    恐らく同じ飛行機に乗っていたみんなも、そちらに歩いて行きます。
    ついていきましょう。(笑)



  3. Immigration(入国審査)で、入国審査を行います。
    パスポートと入国カードを見せます。
    そこでは簡単な質問があります。

    ◎目的は?(Why, purpose)
    → ワーキングホリデー (Working Holiday)

    ◎滞在日数は?(How long, stay)
    →  一年間 (One year)

    ◎滞在場所は?(Where, stay)
    → ホストファミリーの家、バックパッカー (Host family house, BackPackers)

    滞在先の住所を、いつでも分かるようにしておけばスムーズです。



  4. イミグレーションを抜けたら、ベルトコンベアーがあります。
    そこで、自分の荷物が来るのを待ちましょう。
    自分の荷物を手にしたら税関へ。



  5. Customs(税関)では持ち物のチェックがあります。
    「申告するものはコレだけ」と一つにまとめておくと早いです。
    「ない」というより「コレだけ」と言った方が、逆に疑われないです。
    私の場合は「うめぼしだけ」って言ったら、チェックパスでした。^^
    検疫については「パッケージングの注意点」にて説明してます。



  6. 税関を抜けたらとうとうオーストラリアです!!
    やったー!!



  7. もしあなたがどこかにお願いして空港にお迎えの人がいるのでしたら、出口で待っていてくれているはずです。
    Mr.○○と書かれた看板を持って、待っている場合が多いです。
    もし、迎えの人が見当たらない場合は出口で待っていましょう。
    そちらの方が見つかりやすいと思います。



  8. 「どこにも迎えをお願いしてない。」という方。
    タクシーで行くのも一つの手ですが、シャトルバス、電車の方が安いです。
    たいていの空港にはシャトルバスがあると思いますので、探してみて下さい。
    私はシャトルバスにバッパーまで直接連れて行ってもらいました。^^
    当然シャトルバスは、最寄りの駅にも連れて行ってくれます。


ホームステイ予約してない方・・・「とりあえず住む場所探し」