TOP > 最終持ち物チェック

最終持ち物チェック

ここでは、何を持っていくべきか、リストアップしてみました。

こちらも読んでね >>> パッケージングの注意点

貴重品類
パスポート コピーをしてパスポートとは違う場所に保管しましょう。
ビザ これがなきゃ始まりませんね。
航空券 「控え」を持っていって、空港のカウンターでもらう場合が多いです。
現金 小額は両替していくのが良いかも。空港内でも両替できます。
T・C T・Cを持っていく方は忘れずに。
クレジットカード 二枚あれば便利。VISAかMASTERかAMEXがお勧め。
銀行カード ANZ銀行やCITIBANKの口座を作った方は。
国際免許証 有効期限は一年。身分証明にもなります。
海外旅行保険証 必ず保険には入っていきましょう。
YHA会員証 ユースホステル割引以外に、交通機関などの割引もあります。

電気機器類
デジタルカメラ メモリーカード、バッテリーも忘れずに。
電子辞書 普通の辞書よりも電子辞書。便利さが違います。必ず例文付きのを買いましょう。
腕時計 日本では携帯電話が時計代わりという方でも。
目覚まし時計 寝坊生活はもったいないですよ。
パソコン アダプターも。インターネット使う方は海外接続機器も忘れずに。
>>>パソコン注意点
>>>パソコン購入のポイント
携帯音楽プレイヤー iPodなど。英語の勉強にはもってこい。
変圧器 持っていく電化製品が〜240V対応であれば変換プラグだけで大丈夫です。

衣類
Tシャツ 一週間分くらいあれば十分。
ジーンズ 旅にはやっぱりジーンズ。
上着 たとえ暑い場所でも、夜や建物の中は冷えます。必ず持って行きましょう。
下着 忘れる人はいないでしょ、多分・・・。オーストラリアのはちょっと貧弱。
靴下 夏はサンダルばかりで靴下履きませんでした。でも必要でしょ。
帽子 オーストラリアは日差しが強い。日焼け防止に帽子を・・
スニーカー 結構歩き回ります。「足」で移動が多いので。
水着 海がすごくキレイ。泳ぎたい方は。

生活用品類
髭剃り 男(女も?)の身だしなみ。
化粧品 女性は必需品でしょう。
タオル、バスタオル 泳ぎに行った時にも使います。
歯ブラシ オーストラリアの歯ブラシはでかくて、サイズが合わないよ。
くし ヘアブラシとかね。
爪切り 当然現地でも買えますが・・・。
耳掻き オーストラリアは綿棒しか見つからないです。
シャンプー類 生活始めまでの少量分。
生理用品 私は男なので詳しくないですが、女のコは日本製の方が良いと言ってました。

その他
ガイドブック、英語参考書、その他読書用など。
オーストラリアではなかなか日本語の本が手に入りにくい。
筆記用具 オーストラリアでも購入できます。
日焼け止め オーストラリアは日差しが強い。SPF50以上のもので。
バック でかいスーツケースやリュック以外に、小さいバックがあれば便利。
メガネ、コンタクト コンタクトは日本から持って行きましょう。
サングラス オーストラリアの日差しは強い。かならずUVカット付きを。
寝袋 旅には必須。小さくて運びやすい物で。
おみやげ ホームステイ先以外にもお世話になる人がいるかも。
オーストラリアの薬は効き目が強すぎ。自分に合った薬を。
その他いる方は・・ ハンカチ、ウェットティッシュ、ハンドクリーム、マニキュア、毛抜き、眉きりばさみ、日本の連絡先メモ、裁縫道具、手帳、折りたたみ傘、履歴書、履歴書用写真、CD、日記帳、ノート、説明書類、ストッキング、ビーチサンダル、ジャージ、ハンガー、お箸、電卓、日本の携帯電話、など 


飛行機搭乗はちょっと不安!?・・・「海外初めての方の飛行機乗り方ガイド」