持ち物リスト
     ▼衣類
  • Tシャツ
  • ジーンズ
  • 上着
  • 下着
  • 靴下
  • スニーカー
  • 水着
     ▼生活用品類
  • 髭剃り
  • 化粧品
  • タオル、バスタオル
  • 歯ブラシ
  • くし
  • 爪切り
  • 耳掻き
  • シャンプー類
  • 生理用品
     ▼その他
  • 本(ガイドブック、参考書)
  • 筆記用具
  • 日焼け止め
  • バック
  • メガネ、コンタクト
  • サングラス
  • 寝袋
  • おみやげ

TOP > このサイトの目的

このサイトの目的

ウォンバット こんにちは。「自分で手続きワーキングホリデー」の管理人のゴローです。(´・ω・`)ノ

私はワーキングホリデーを経験して、現在は日本人の妻といっしょにブリスベンに在住しております。
私はワーキングホリデーとして2002年11月にオーストラリアに渡航し、延長滞在、アジア旅行を経て2004年5月に帰国しました。
そして2006年にブリスベンにて仕事を見つけ、それ以来こちらブリスベンに在住しております。

私の場合は斡旋業者を通すことなくオーストラリアに行きました。
当然余分な出費はなく、その浮いた分を使って、ニュージーランドを旅行したり滞在を伸ばしたりと、有意義なワーホリになりました。
しかしオーストラリアで、「斡旋業者にぼったくられた。」という話をワーホリメーカーからよく聞きました。
話を聞いてみると、驚く事に何十万という大金を叩いていたのです。
中には60万円払ったという強者も。
しかもまともなサポートもしてくれない・・・。
「おいしい商売だなあ。エージェントって。」と思う一方、「それってぼったくりじゃん」とも思い、このサイトを立ち上げたのです。

現地に行く前は確かに不安です。
でも実は不安な事も、一度現地に行っちゃえばどうにかなる事が多いのです。
おそらく、多くの人が渡航した後で、そのようなエージェントを使ったことに後悔していると思います。

決して「エージェントを使うな。」ということではないんです。
実はエージェントは使い方によってはとてもお得なんです。
言い方が悪いかも知れませんが、自分も活用させてもらいました。
ここで紹介するエージェントは、自分達にお得な、そして良心的なエージェントのみ載せています。

マッチョカンガルー 「オーストラリアに行けばどうにかなる。」
これは事実です。
しかし、「どうにかなる」と思えるまで、私はすごい時間がかかりました。
余分なお金こそ払わなかったものの、インターネットや本で手続きや現地の情報を調べたり、経験者に話を聞いたりと、それなりの苦労をしました。失敗もしました。
自分が行く時に、「こんな情報があったらなあ」と思った事、自分が失敗してしまった事すべて載せています。
少しでも多くの方がこのサイトを活用し、後悔しないワーホリを楽しんでくる事を願います。

もし、このサイトを見ても「やっぱ心配だから、業者に頼もうかなあ。」という方。
遠慮せずにメールください。
私の知っている限りでお答えします。
決して日本にあるぼったくり業者だけには多額のお金を払わないでください。

ではみなさんのワーキングホリデーの成功を祈っています。


                   これからワーホリへ向かうすべての方へ  ゴロー より