TOP > お金はどう持って行くか!?

お金はどう持って行くか!?

まず、ワーホリ一年に必要な資金はいくらになるでしょう??
安く見積もっても、

家賃(シェアハウス)・・・一ヶ月$600 一年$7200。
食費(自炊)・・・一日$8 一年$2920。
計$10120(809600円)。←$1につき80円計算。

これが最低生きていく為の資金です。
通常これに学校、ホームステイ、外食、旅行、ダイビング、遊びなどすると簡単に100万円は超えてしまいます。

現地で働くことを考慮しても、少なくとも50万円以上は必要になってきます。
そんな高額なお金を手で持っていくわけにもいかないし、実は「現金→現金」は換金レートも悪いのです。

じゃあどうするか?

それぞれ方法を挙げていきます。


■トラベラーズチェックで持っていく

    現金をそのまま持っていくよりは良いです。盗難にあっても大丈夫ですしね。^^
    もし、30万円以下の小額のお金ならこの方法が良いかもしれませんが、一年以上滞在するのであれば、それ以上の出費があると思いますので、別の方法をお勧めします。


■日本でANZの銀行の口座を作る ANZ銀行
    日本でANZ(オーストラリア、ニュージーランド銀行)の口座を開くことができますが、手数料が必要です。ANZ銀行口座、開設手数料が5000円、外国送金手数料が4500円でトータル9500円が必要になります。
    ですので、小額の場合はお薦めできませんが、ワーホリの場合は一つの手段となります。

    ANZ銀行・・・http://www.anz.co.jp/


■新生銀行のインターナショナルキャッシュサービス
    CITIBANKと同じ「PLUS」と書いてあるATMから、現金を下ろすことができます。
    こちらはカードを作る時も引き出す時も、手数料はいりません。
    ただし、円換算レートはVISAインターナショナルが定めたレートに3%を加算したものになっています。

    新生銀行のインターナショナルキャッシュサービス・・・http://www.shinseibank.com/atm/riyou_kaigai.html


■オーストラリアで銀行口座を作り、日本から電信送金してもらう
    オーストラリアに銀行口座さえ開ければ、後は日本の家族の方にお願いして、電信送金してもらうことができます。
    大量な額のお金を移動させる方法としては一番お得だと思います。

    ここで注意(´・ω・`)ノ

    送金する際、郵便局でも地方の銀行でも海外に送金はできるのですが、1ドル当たり4、5円の手数料を取られてしまいます。
    例えば100万円をオーストラリアドルに換算すると12500ドル。(1ドル80円計算)
    そのうち1ドル当たり4円の手数料が掛かる場合には、なんと一回換金するのに50000円も手数料として取られてしまっているのです。

    換金レートが良いところを使いましょう。お勧めはKVBとCITIBANK。
    最近日本円が強くなったときに私も日本の貯金をほとんどオーストラリアドルに変えました。そのとき使用したのがCITIBANK。

    KVB
    http://www.kvbkunlun.com/JP/index.aspx

    CITIBANK
    http://www.citibank.co.jp/ja/index.html


    最近はやりの外貨投資FXに詳しい方ですとそれが換金するのに一番お得かもしれません。

    銀行口座の開け方は、「銀行口座を作ろう」で説明します。


あと、クレジットカードは持っていくと便利です。
身分証明にもなりますし、レンタカーを借りるときにも必要になってきます。
ちなみに使えるカードはVISAとMASTERカード。
私はJCBを持っていったのですが、明らかに使える場所が限られてきました。


市役所手続きも忘れずに。・・・「公的手続きは大丈夫?」