TOP > 海外初めての方の飛行機乗り方ガイド

海外初めての方の飛行機乗り方ガイド

飛行機
個人で飛行機に乗るのは不安です。誰でも初めはそうです。
私も初めての海外旅行は不安で不安でしょうがありませんでした。(笑)



ここでは簡単に飛行機に乗る手順を説明します。




  1. 出発ロビー<空港出発ロビー到着>
    飛行機出発2時間前までには、空港出発ロビー(Departure)に到着しましょう。



  2. <航空券(Air Ticket)をもらう>
    旅行代理店にて航空券を予約した方は、出発ロビーにその代理店のカウンターがあります。
    そこでパスポートを見せて、航空券(バウチャー)をもらいましょう。
    すでに航空券を持っている方は次へ。



  3. 電光掲示板<チェックインカウンター場所確認>
    自分の乗る飛行機がどのカウンターでチェックインできるか確認します。
    電光掲示板をみると、「JALはDカウンター」などと確認できます。
    その番号のカウンターに向かいましょう。



  4. <預ける荷物の検査>
    空港によってはチェックインカウンターの手前で
    荷物検査(エックス線検査)をする場合がります。
    預ける荷物をカウンター前にあるX線検査機に通します。
    通常チェックインカウンターの周りは柵があり、
    このX線検査機を通らないとチェックインカウンターに行けなくなっています。



  5. チェックインカウンターg<チェックインカウンターにて>
    チェックインカウンターはエコノミー、ビジネス、ファーストクラスに分けられています。
    そのカウンターにて、パスポートと航空券を見せて、引き換えに搭乗券(Boarding Pass)をもらえます。
    マイレージの申請もここで行います。
    大きな荷物はそこで預けるのですが、重さもそこで量られます。(20KG以上ある場合は注意)
    飛行機の座席は窓側か通路側か聞かれる場合があります。

    搭乗券 ボーディングパス
    こちらが搭乗券(ボーディングパス)



  6. <出国ゲート>
    搭乗券(ボーディングパス)をもらったら、出国ゲートに行きます。
    この出国ゲートより先は、飛行機に搭乗する方しか進めません。
    見送りの方とはここでお別れです。



  7. セキュリティーチェック<セキュリティチェック>
    持ち込みの手荷物とボディチェックをします。時計、ベルト類ははずしておくとスムーズです。
    カミソリ、ハサミ、液体類は機内持ち込みできません。前もって預ける荷物の中に入れておきましょう。



  8. <出国審査(Passport Control)>
    進んで行くと出国審査があります。
    パスポートと搭乗券を見せるだけでOKです。
    パスポートに出国印を押してもらえます。



  9. ゲート案内<ロビー>
    出国審査を抜ければ、ロビーがあります。
    ファーストクラス、ビジネスクラスの方は飛行機が出る時間まで、ここのラウンジでゆっくりできます。
    搭乗券に搭乗ゲートNo.が書いてありますので、そのNo.のゲートまで行きましょう。
    この時間がDuty Freeショップで買い物できるチャンスです。
    (通常は帰国の際、買い物することが多いですね)







  10. 搭乗ゲート<搭乗ゲート(Boarding Gate)>
    出発時間20分前までには搭乗ゲート付近にいるようにしましょう。
    イスが並べられています。トイレも忘れずに。
    空港によっては、搭乗ゲート手前で手荷物のセキュリティチェックがあります。



  11. <搭乗のアナウンス>
    その場所で待っていたら、搭乗のアナウンスが流れます。
    搭乗券(ボーディングパス)を用意しましょう。
    最初の搭乗者はファースト、ビジネスクラス、子供同伴の方からです。
    順番が来たら、搭乗券(ボーディングパス)を係りの人に渡します。
    その半券だけを受け取って先に進みます。
    先に進めばとうとう飛行機に搭乗です。



  12. 飛行機機内<飛行機機内>
    搭乗券(ボーディングパス)の半券に座席の番号が書いてありますのでその座席を見つけます。
    新聞を読みたい方は入り口においてありますので、忘れずに持って行きましょう。
    手荷物は上部のロッカーにしまいます。最終的にはアテンダントがそのロッカーのカバーを閉めにきます。
    あとは座席でシートベルトを締め離陸を待つのみです。



  13. <離陸>
    とうとう出発です。
    日本とはしばらくお別れ。
    その景色を目に焼き付けておきましょう。