持ち物リスト
     ▼衣類
  • Tシャツ
  • ジーンズ
  • 上着
  • 下着
  • 靴下
  • スニーカー
  • 水着
     ▼生活用品類
  • 髭剃り
  • 化粧品
  • タオル、バスタオル
  • 歯ブラシ
  • くし
  • 爪切り
  • 耳掻き
  • シャンプー類
  • 生理用品
     ▼その他
  • 本(ガイドブック、参考書)
  • 筆記用具
  • 日焼け止め
  • バック
  • メガネ、コンタクト
  • サングラス
  • 寝袋
  • おみやげ

TOP > 治安、トラブル

治安、トラブル

オーストラリアは比較的治安が良いとされていますが、それでも危険な場所はあります。
バックパッカーズでの強姦、貴重品が盗まれたりなど、トラブルの話は良く聞きます。
そこで、トラブルを回避するためのテクニックをいくつか紹介します。

  1. 危険な場所には行かない、寄らない。
    基本的なことですね。日本にもオーストラリアにも危険な場所はあります。
    近づかないことが一番。

  2. 貴重品は肌身離さず。
    あまりお金、財布を公共の場で見せない。支払いの時も済んだらすぐしまうのが鉄則です。
    バックパッカーなどで、不特定多数の人が出入りするところでも、枕の下に貴重品を入れるなど管理を徹底。
    パスポート、現金などお腹にしまえるトラベルグッズが便利です。

  3. いきなり話しかけてくる人を信用しない。
    私もアジア旅行に良く行くので、このような経験は良くあるのですが、まず怪しいです。
    話していると、「日本語勉強したい人がいる」などと話を持ちかけ、怪しいところに連れて行こうとします。
    ただ、毎回警戒するのも「出会い」を妨げることになります。
    状況にもよりますが、
    「たまたまツアーのバスの席で隣だった」とか「飛行機の席で隣だった」人と会話が弾むことがあります。
    その場合の危険度は低いと思います。
    私もたまたまバスのツアーで隣になったブリスベンのおばちゃんと友達になり、
    一生付き合える仲になりました。^^

  4. カメラ、ビデオカメラなど、必要がないときにはすぐしまう。
    高価な機器を持っていかれてしまうと同時に、思い出も持っていかれてしまいます。
    使用後はすぐにしまいましょう。

  5. 車の中にはバッグなどを置いていかない。
    車上荒らしは日本でも最近は増えてきていますが、オーストラリアの方が率は高いです。
    ポータブルナビなども見えないところにしまいましょう。


    治安、トラブルついてこちらも参考になります。