TOP > 何はともあれビザ申請

何はともあれビザ申請

※すみません。オーストラリアのビザ取得中心に書いていきます。
私はそれ以外の国へは、ワーホリとして行ってないので・・・。(´・ω・`)

まずは、あなたがこのビザを申請できる資格があるかどうか。

オーストラリア大使館は、「協定締結国の国民で、扶養する子どものいない18歳から30歳までの方がワーキングホリデービザを申請する資格があります。」とうたっています。

要は、あなたが18歳以上、30歳以下の日本人で、子供がいないことが必須ということですね。
私もう30歳だけど・・・というあなた!!まだ大丈夫です。
ビザ受付完了時点で31歳になっていなければOKです。
もうすでに31歳以上という方・・・すみません。ワーキングホリデーでは行けません。観光ビザ、学生ビザで行きましょう。
ちなみにニュージーランドもカナダも条件は同じです。


ビザはここから申し込む事ができます。
オーストラリア大使館・・・http://www.dima.australia.or.jp/tr/wh.html

実際申し込みはこの下のところから「Start your application」をクリックして申し込みます。
http://www.immi.gov.au/e_visa/visitors-outside-whm-visa-options.htm

すばらしいですね。インターネットで申し込む事ができるのです。
私がワーホリに行った時は、わざわざ申し込み書を手に入れた後、それを大使館に郵送で送りました。
ちょっとゴタゴタがあり、ビザをGETするのに2ヶ月以上かかったのを覚えています。 (T_T)

それと比べてこちらはたったの48時間以内!!目からウロコです。

ここで注意。(´・ω・`)ノ

申し込み登録途中で、
「What employment do you intend to seek in Australia?」(オーストラリアでどのような仕事を探す予定ですか?)
と聞かれるのですが、ここでうかつに「レストラン」とか「日本語学校」とかと答えると、後に「健康診断が必要です。」と通知が来ます。
もし、レストランとか学校とかで働く気があるのでしたら、問題ないのですが、私みたいになんとなく・・・で答えてしまうと、余分に1万円以上の出費がかかってしまうので、注意して下さい。
私は痛い目をみました・・・(T_T)

ちなみに、健康診断は市町村の健康保険所で安く受ける事ができます。
必要な方は一度お近くの健康保健所に問い合わせしてみてください。


パスポートがなく、登録できなかった方・・・「パスポートは必須」
登録完了できた方・・・「安くいこう!航空券!!」