持ち物リスト
     ▼衣類
  • Tシャツ
  • ジーンズ
  • 上着
  • 下着
  • 靴下
  • スニーカー
  • 水着
     ▼生活用品類
  • 髭剃り
  • 化粧品
  • タオル、バスタオル
  • 歯ブラシ
  • くし
  • 爪切り
  • 耳掻き
  • シャンプー類
  • 生理用品
     ▼その他
  • 本(ガイドブック、参考書)
  • 筆記用具
  • 日焼け止め
  • バック
  • メガネ、コンタクト
  • サングラス
  • 寝袋
  • おみやげ

TOP > ワーキングホリデーとは

ワーキングホリデーとは


ワーホリとは、ワーキングホリデーの略で、日本がオーストラリア・ニュージーランド・カナダ・韓国・フランス・ドイツ・イギリスなどの国々と提携して、若者が海外で生活し、いろいろ学ぶ事ができるようにと作られた制度です。
この制度によるワーキングホリデービザにより、最長1年間滞在する事ができ(オーストラリアはセカンドワーキングホリデーで最長2年可能)、その資金を補うために、就労も認められています。
ただし、このビザを申請するには条件、制限があります。
  1. 18歳〜30歳で、子供のいない人。
  2. 十分な資金を有すること。
  3. 過去にその国のワーキングホリデービザを取得したことがない人。
  4. 同一雇用主のもとで6ヶ月以上働くことはできない。
  5. 4ヵ月を超えての就学不可。
これら条件、制限に引っかからなければ、オーストラリアでいろいろ体験できるのです。
学生ではないので、学校に行く義務もない。
そして現地で働けるので、資金的にも留学よりも楽だと思います。

みんなで撮影

オーストラリア大陸を一周!
英語を勉強し、ペラペラを目指す!
働き尽くす!
サーフィンしまくる!
結婚相手を探す!

できることを挙げていくとキリがありません。
私もこのワーホリで人生が大きく変わりました。^^
実は今の妻もワーホリの時知り合って、結婚式もブリスベンで挙げました。
今もブリスベンで仕事をして生活しています。

「このまま仕事を続けても意味があるのだろうか・・・」
「自分を変えてみたい・・・」
「新しいチャンスを掴みたい・・・」

みんな同じ思いを持って、ワーホリでオーストラリアに来ています。
少しでもその様な思いがあるのなら、一つの手段として考えてみてはどうでしょうか?